2015年5月26日火曜日

カルチャーショックレスな時代


第2話

『HUG』

高校3年の夏・・・

僕は毎日部活動に明け暮れていた。

当時男子バレー部に入っていた僕は、

毎日が体育館と自宅の往復で

その合間に授業がある・・・そんな

学校生活を送っていた。

そんな夏のある日それは起きた。

学校の体育館の前で

監督と話を終えキャプテンだった

僕は練習メニューを握りしめ

体育教官室から一礼をし出てくると

見覚えのある顔の女の子が

こっちを見てニコリと

微笑んだかと思った瞬間・・・

僕に走りよって来てぎゅっと

汗臭い 僕を抱きしめた・・・

ギュ〜!

ギョッ! 当時まだ17歳の僕は

女性にしかも

かなり積極的に

抱きしめられた経験などなく

何が起こったのか訳もわからず、

ただ今起っていることを

気持ちよりも先に体が受けと止め、

棒のように突っ立ったまま、

抱きしめてきた彼女の顔をまじまじと

見つめると・・・

(もしかして・・・)

そこには満面の笑顔で僕を見つめる

彼女がいた。

と次の瞬間、

「グットゥースィーユーアゲイン!」

と叫びながら

僕の頬に彼女の頬を

くっつけてきたので・・・

(なんだ、俺に気があったんだ…)

しかし、それは

最近では日本人もよくする「HUG」で

頬と頬をつける行為も

家族や親しい友人などへの
挨拶的スキンシップだった。

とんだ勘違いだった・・・

高校性で部活動しかしていなかった僕には

「HUG」は

とてつもない

カルチャーショックだった。


〜1年前〜


高校1年の時

彼女とは

クラスが一緒で

進級を待たずに

お父さんの仕事の都合で

カナダへ引っ越してしまった。

ちょっとボーイッシュで背が高く

姿勢がいつもよく、落ち着いていて、

時にはっきりものを言う、

はっきりした言動で、

弓道部にいた凛とした彼女に

淡い憧れに近い思いを寄せていた

僕は彼女が海外、

しかも

遥か遠くの

カナダへ引っ越すと聞いて

なんとも言い難い胸の内と

(恋心というか憧れに近い…)

未知の世界へいってしまう

彼女に対して羨ましいというか…

嫉妬心の入り混じった気持ちがあったのかな。

一体このカナダでの一年間で

彼女に何があったのだろう・・・

さらに僕の外国への好奇心は強まった。

彼女はその後高校卒業後

帰国子女が多く通う某有名私立大学へ
進学していった。

それ以来彼女とは会っていない・・・